中古住宅の場合、リフォーム代は誰が負担するのでしょうか?|愛甲郡清川村の不動産売買ならセーフティ・ドリーム

お電話でのお問合せ

046-288-2011

【営業時間】8:30~17:00 【定休日】水曜日

店舗情報

セーフティ・ドリーム

〒243-0112

愛甲郡清川村煤ケ谷2921-1

046-288-2011

8:30~17:00

水曜日

会社概要

中古住宅の場合、リフォーム代は誰が負担するのでしょうか?

中古住宅の売買は、売主様が現況のまま引き渡し、引渡し後に買主様のご負担でリフォームを行うことが多いようです。事前にリフォームを行なってから売り出すケースもありますが、リフォーム費用は、販売価格に加算されるのが通常です。同じ費用を負担するにもご自分の好みに合った納得できるリフォームをした方が良いという考え方も出来ます。リフォームが済んでいる物件がよいか、ご自分でされた方がよいかは引っ越しの時期や資金調達方法などご自分のご事情の中で物件選びをされることが望ましいと思います。

ページの先頭へ